新企画!山ぶどうかごは何日で色艶が出るのかやってみた第0日

タイトルの通り実際に自分の手でなでるだけで、色艶がどれくらいの期間でどんな感じに
でるのかをレポートしていきたいと思います。

これって実はこのブログの目的だったりします。

良質な国産の山葡萄かごはどんな風に、どれくらいの期間で色艶が出るのか?

タイトルと合わせて3回も書いてしまいました。
でもそれだけわくわくしています。
そうです。商売熱心だった私は今までこんな大事な事を試す余裕がありませんでした。(言い訳が苦しい)

でも、中国産のアレ(少し前の記事ですが、いや全部がそうだ!と言っているわけではなくてですね・・・)
を見て、「これはすぐやらねば!」と思った次第です。

実験に用意した山ぶどうかごがコレです。

実験に使う山ぶどうかご

本当は手つきのバッグでやりたかったのですが、小さくて仕事の傍らに置いてなで回しやすく撮影しやすい、
という理由でコレを選びました。(え?別にけちったとかそういうことじゃなくてデスネ・・・・・・)
それに実験企画はもう一つ同時に進めるので、バッグはそちらでやります。
ただ材質は秋田産の山葡萄ですので、全然大丈夫です。(なにが?)

「第0日」
山ぶどうかご実験第0日

この状態からスタートです。
えー中に詰めてあるのは発送時に結構出る薄葉紙の端切れをまるめたものです。
なで回すときに結構力が入るのがわかったので、型崩れ対策です。

ではこれから可能な限り毎日(最低1か月は)状態をアップしていきます。
その後は状態によって週一回だったりになっていくかもですが。
私自身結果を知らないので凄く楽しみです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ