山ぶどうかごは何日で色艶が出るのかやってみた第16日

それでは第16日目です。(またしてもだいぶ飛びましたが平静を装ってスルッと入ります)

山ぶどうかご実験第1日

山ぶどうかご実験第1日





山ぶどうかご実験第16日(色重視の写真)

山ぶどうかご実験第16日
(色重視の写真)




山ぶどうかご実験第16日(艶重視の写真)

山ぶどうかご実験第16日
(艶重視の写真)






どうでしょう?4日も経っているので(あ、言っちゃった)結構色が濃くなっていますね。
光を反射させて艶の出方もわかるようにしてみました。
ちょっと光が強すぎて過剰に鬱って、あれ?変換ミス。Atokダメだな。
写っているとは思いますが、そもそも艶が出ていなければこうは光りません。

それにしても写真の撮り方を変えたら急に色艶が出たように見えますね。
・・・今までもだんだんと色艶が出ていたのですけど、写真で見るとあまりわからなかった、
という事は・・・もしかして撮影下手なの自分?

でもとりあえず、1週間~10日前後でわりと色艶が出てくるようです。
ただ、何年も経った深みのある色艶まではまだもう少し掛かりそうですね。

少し前にも、あとで「なで回し方その3」にまとめるつもりと書きましたが、
やっていて思ったのは、触るときに手に触れない部分、
つまり網目の境目、下にくぐっていく部分やらが、色艶が出るのが遅く、
なんとなくムラになっているように見えるんです。

写真ではあまり目立たないけどアップで見ると、な部分をどうしようかと。

「歯ブラシなんか使いやすいし手が入らない部分にも届きそうだし
 削りすぎないし結構いいんじゃ?」

・・・手だけでとか言ってたのは誰だったかしら。

という事で、裏面とかでちょっと試してみて良さそうだったら記事にします。
まてよ、棕櫚のブラシでも試したいとか言ったような言わなかったような。

とにかくやってみます!!



スポンサードリンク

3 Responses to “山ぶどうかごは何日で色艶が出るのかやってみた第16日”

  1. 井上茉莉 より:

    こんばんは、ブログの内容を何回も何回も読み返しています。
    すごく、ためになりました。
    ありがとうございます。

    でも、去年までしか書いていらっしゃらないので、残念です。

    結局、シュロのブラシは使わない方がいいのでしょうか?

    わたしは、ひとつ目のバッグは蜜蝋で磨きすぎてしまい、艶々にしてしまいました…>_<…
    二つ目は失敗したくないので、シュロを使うか迷っています。

    • karasudo より:

      ブログを見て頂いてありがとうございます。
      更新が止まっていて済みません。
      いつか再開します。
      ところで棕櫚(シュロ)のブラシですが、結論から言えば効果があります。
      しかも艶が出るのが早いです。
      実は私も使っています。(もちろん私物)
      でもくれぐれもやり過ぎ、力の入れすぎにはご注意を!

  2. 井上茉莉 より:

    お返事ありがとうございます!

    さっそく試してみます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ